ホーム > > 中学受験での場合の数の学習について

中学受験での場合の数の学習について

中学受験における試験問題の中に、場合の数が出題される傾向は昔から根強いものがあります。
場合の数の学習は、その規則性を見つけ出すことに鍵がありますので、まずは問題ごとに地道に色々な組合せを書き出してみることです。
最初のうちは、しっかりと書き出したつもりでも漏れがあるものです。

全体を見渡していくうちにおぼろげながら決まりのようなものが見えてきますので、漏れていた部分にも気づくようになります。
中学受験の試験当日は、限られた時間内で問題をこなさなければなりません。
あまりにも膨大な場合の数ですと、書き出しているうちに終了時間を迎えてしまうことにもなりかねません。
規則性をいかに早く発見するかが鍵です。
そのためには、同類の問題を繰返し解くことです。
解き方を友達と比べて、自分よりも効率的であればそれを取り入れてみるのもひとつの方法です。

中学受験で出題された問題が、これまでに取り組んできた問題のうち、どの解き方を使えばよいかがわかってきます。
高校レベルの法則を活用して解答時間を短縮する方法もありますが、中学受験の段階では地道な反復練習をおこなうほうがしっかりと身に付くものです。

また、勉強の息抜きにスーパーやコンビニにある(⇒合格祈願のお菓子)でリラックスすることも大切です。
息抜きの時間をとらなければストレスが溜まる一方です。
ストレスが溜まってしまうと勉強が続かなくなってしまいますからそうならないように合格祈願のお菓子やグッズを有効利用しましょう。


関連記事

  1. 高収入求人募集|学生はデートや部活など...。

    「バイトル」については、バイトやパートの求人案内がメインの求人情報サイトだと言え...

  2. 中学受験での場合の数の学習について

    中学受験における試験問題の中に、場合の数が出題される傾向は昔から根強いものがあり...

  3. 出産後に生理不順になってきた

    今までの人生で生理不順てほとんどありませんでした。でも、正確には不順ではありませ...

  4. 興味を持ったフラッシュモブの事

    こういうのを見て、フラッシュモブに興味を持ってしまいました。 http://ww...

  5. テスト

    テスト記事です。...